テヌータ・ディ・ノッツォーレ/ TENUTA DI NOZZOLE

テヌータ・ディ・ノッツォーレTENUTA DI NOZZOLE

キャンティ・クラッシコ地区を代表する歴史あるワイナリー

ワイナリーの歴史

テヌータ・ディ・ノッツォーレを有するアンブロージョ&ジョバンニ・フォロナリ社は、イタリアはトスカーナ州、マレンマ地区にあります。
トスカーナ州は、キャンティ・クラッシコ、モンタルチーノ、モンテプルチアーノ、ボルゲリ、そして近年注目のモンテクッコを有する銘醸の地。その土地で複数のワイナリーを所有する彼らが目指しているものは、「ワインを通して、その土地の最高の表現者となること」だと言います。

そんな彼らの歴史は古く、今から200年前にさかのぼります。

彼らの祖先であるロレンツォ・フォロナリは1729年にヴァルテッリーナに生を受けました。その後一家はヴァル・カモーニアへ移り、ブレーシャのビジネス界において、実業家として長く繁栄することとなります。
ワインビジネスに参入したのは1882年、イタロとフランチェスコのフォロナリ兄弟が本社をブレーシャへと移し、1911年に、ルフィーノを買収した時です。ルフィーノはイタリア国内、そして日本を含む海外に、キャンティ・クラッシコの藁に包まれたボトル、あの有名な「フィアスコ」を広めた、歴史あるワイナリーです。

そのような中、1960年代のはじめに、イタロの息子であったニーノは重大な決断をします。大量生産を離れ、品質重視のワインの追求に力を注ぐことにしたのです。
ニーノはポテンシャルのあるワイナリーを手に入れるために奔走し、グレーヴェ・イン・キャンティにおいて、1967年にはカブレオを、1971年にはノッツォーレを購入します。そして2000年には、ニーノの息子とその甥である、アンブロージョとジョバンニが現在の会社を設立し、トスカーナの銘醸地に5つのワイナリーを所有する会社へと成長します。ニーノの情熱を受け継ぎながら、二人は今も重要なプロジェクトを進行中です。それは、この地域とその多様性を広く世界へ紹介すること。そのために、良いワイナリーと質の高いワイン生産への投資を続けています。彼らが目指しているのは、エレガントで個性豊かな、何よりも、その土地を体現したワイン造りです。

テヌータ・ディ・ノッツォーレはアンブロージョ&ジョヴァンニ・フォロナリ社の所有するワイナリーのひとつで、その歴史は1300年代に遡ります。その当時からキャンティ地区でもっとも有名なワイナリーのひとつでした。所有する385ヘクタールの広大な土地のうち、90ヘクタールがブドウの栽培に、15ヘクタールがオリーブの栽培にあてられています。場所はキャンティ・クラッシコ地区のまさに中心部といえる、グレーヴェ・イン・キャンティにあり、一般の方にワイナリーツアーも行っています。ここでは、アンブロージョ&ジョヴァンニ・フォロナリ社の所有する全てのワイナリーのワインを味わうことができるのも、特徴のひとつでしょう。

テヌータ・ディ・ノッツォーレの生産するワイン紹介

おすすめワインNOZZOLE CHIANTI CLASSICO / TENUTA DI NOZZOLEノッツォーレ キャンティ・クラッシコ / テヌータ・ディ・ノッツォーレ

いきいきとした酸味とバランスのとれたタンニンをもつキャンティ・クラッシコ

品種 サンジョヴェーゼ 100%
アルコール 14.5%
商品ページはこちら
ノッツォーレ キャンティ・クラッシコの特徴
グレーヴェ・イン・キャンティの海抜280380mの畑から生まれます。マセレーション(浸漬)はステンレスタンクで行い、その方法として、デレスタージュとルモンタージュの2種類を併用します。デレスタージュは主に南フランスのローヌ地方で行われていた特殊な方法でしたが、近年他の地域にも広がり、イタリアでも行われるようになりました。果皮や種子を数時間空気に触れさせて酸化させることで、より濃い色素やタンニンを抽出することを目的とし、上質な長期熟成タイプのワインを造り出します。方法としては、まずタンクの底から一度果汁を抜き取り、水分を切った果帽(発酵中に果皮や種子や果肉が押し上げられたもの)をそのまま空気に触れさせた後、果汁を上からタンクに戻します。一方で、ルモンタージュは果帽と液体を混ぜることで、発酵を均一に行うことを目的としており、下から抜いた果汁を時間をおかず、果帽にかけます。マセレーションと発酵はタンク内を28度に保ち、15日間かけて行います。その後、中をトーストしたフレンチオークのバリック(225L)で1012ヶ月熟成。3ヶ月の瓶熟によって、成分を落ちつかせた後にリリースします。
色・香・味わい
オレンジがかった明るいチェリーレッドの色合い。カシスやイチゴの果実香があります。クローブや微かにナツメグのスパイス香、そしてスミレやタバコのニュアンスが複雑性を与えています。生き生きとした酸味と調和のとれたタンニン。滑らかでバランスの良い味わいと、複雑な余韻をお楽しみいただけます。
おすすめの料理
お肉料理によく合います。生産者所有のオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)「ヴィッラ・ディ・ノッツォーレ」ではフィレンツェ風ステーキに白インゲン豆を添え、同じ農園で取れたオリーブオイルと共に提供しています。焼肉、ポルチーニのパスタ、ラグー(ミートソース)、地鶏のむね肉のローストなどと美味しく召し上がっていただけます。
評価
2015年
ヴィンテージ | Gambero Rosso (ガンベロロッソ) | 2グラス
2015年
ヴィンテージ | 各種コンクール | 92点(James Suckling)
2015年
ヴィンテージ | Veronelli (ヴェロネッリ) | ☆☆☆
2011年
ヴィンテージ | SAKURAワインアワード | シルバー

おすすめワインNOZZOLE CHIANTI CLASSICO RISERVA “ LA FORRA” / TENUTA DI NOZZOLEノッツォーレ ラ・フォッラ キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ / テヌータ・ディ・ノッツォーレ

エレガントで豊かな味わい、繊細だがはっきりとしたタンニンが心地よく、深い余韻が長く続くワイン。

品種 サンジョベーゼ 95%
カベルネ・ソーヴィニヨン 5%
アルコール 14.0%
商品ページはこちら
ノッツォーレ ラ・フォッラ キャンティ・クラッシコ リゼルヴァの特徴
グレーヴェ・イン・キャンティの海抜300330mの畑から生まれます。ラ・フォッラの畑はブドウの木の植替えの際に、「マッサルセレクション」という選別方法を取っていることが特徴的です。その結果、1950年代の「果樹園」の個性をそのまま受け継いでいます。通常、植替えに「クローンセレクション」を採用する場合は、単一の株を選び出しますが、「マッサルセレクション」の場合は複数株を選びます。
ラ・フォッラでは、当時のブドウの木だけでなく、混植されていたオリーブの木の株も選びだすことで、当時の生態系を現在の畑に受け継いでいると言えるでしょう。醸造に関しては、マセレーション(浸漬)はステンレスタンクで行い、その方法として、デレスタージュとルモンタージュの2種類を併用します。デレスタージュは主に南フランスのローヌ地方で行われていた特殊な方法でしたが、近年他の地域にも広がり、イタリアでも行われるようになりました。果皮や種子を数時間空気に触れさせて酸化させることで、より濃い色素やタンニンを抽出することを目的とし、上質な長期熟成タイプのワインを造り出します。方法としては、まずタンクの底から一度果汁を抜き取り、水分を切った果帽(発酵中に果皮や種子や果肉が押し上げられたもの)をそのまま空気に触れさせた後、果汁を上からタンクに戻します。
一方で、ルモンタージュは果帽と液体を混ぜることで、発酵を均一に行うことを目的としており、下から抜いた果汁を時間をおかず、果帽にかけます。マセレーションと発酵はタンク内を28度に温度を保ち、20日間かけて行います。熟成は、ステンレンスタンクで3ヶ月間、その後、フレンチオークの500L樽で1618ヶ月行います。さらに瓶内で6ヶ月以上熟成させ、ワインの成分を落ちつかせた後に、初めて市場へ出荷します。
色・香・味わい
赤紫がかった輝きのあるルビーレッド。深みのある色合いで、縁は微かにオレンジがかっています。熟したチェリーやプラムのような凝縮された果実香と赤い花や黒オリーブ、スパイス、クローブ、スモーク、焦土のニュアンスが感じられ、樽熟成に由来するトースト香や微かなヴァニラ香が複雑さを与えています。
果実の凝縮感が楽しめるフルボディ。エレガントで凝縮された果実味が感じられ、豊富なタンニンと酸が全体を引き締めます。長く残る余韻の中には、凝縮度による果実の甘みとスパイシーさが心地よく感じられます。10年ほど熟成が可能です。
おすすめの料理
キノコの風味やお肉と良く合います。生産者所有のオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)「ヴィッラ・ディ・ノッツォーレ」では鳩料理とともに提供しているそうです。脂肪が少なく柔らかなヒレステーキや、コク深い旨みの鴨肉のロースト、肉質のしっかりしたポルチーニのパスタなどとご一緒に召し上がっていただくと、双方の味が引き立ちます。
評価
2013年
ヴィンテージ | 各種コンクール | 93点(James Suckling)
2013年
ヴィンテージ | Veronelli (ヴェロネッリ) | ☆☆☆
2007年
ヴィンテージ | Wine Spectator (ワインスペクテーター) | 87点 / 100点満点
2007年
ヴィンテージ | ヴィンテージ | パーカーポイント | 92点 / 100点満点
2006年
ヴィンテージ | 2006年 ヴィンテージ | Decanter (デキャンター) | 銅メダル

おすすめワインNOZZOLE IL PARETO / TENUTA DI NOZZOLEノッツォーレ イル・パレート / テヌータ・ディ・ノッツォーレ

テヌータ・ディ・ノッツォーレ最高のクリュのカベルネ・ソーヴィニヨン。

品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 100%
アルコール 15.0%
商品ページはこちら
ノッツォーレ イル・パレートの特徴
グレーヴェ・イン・キャンティの海抜330370mにある、テヌータ・ディ・ノッツォーレの最高の畑から生まれます。また、国際品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンのこの土地での可能性を信じた、大きなチャレンジでもありました。10月下旬に収穫した完熟ブドウから生まれます。醸造に関しては、マセレーション(浸漬)はステンレスタンクで28度に温度を保ち、15日間かけて行います。その後マロラクティック発酵にて、乳酸菌の働きでリンゴ酸をおだやかな乳酸へ変えたあと、225Lのフレンチオーク樽で1618ヶ月熟成させます。その際には新樽と1年使用樽を使用しています。
色・香・味わい
黒に近いほど深く濃いルビーレッド。鮮烈なカシスの香りやヴァニラ、コーヒー、葉巻などの複雑な香りが絡み合います。その芳香の高さは素晴らしく、特筆に値します。豊富なタンニンと心地よい酸が特徴で、口に含むとしっかりとした骨格と共にエレガントな果実味を実感できます。素晴らしいブドウが実った年にのみ造られる特別なワインです。長期熟成が可能。
おすすめの料理
お肉ととてもよく合います。生産者所有のオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)「ヴィッラ・ディ・ノッツォーレ」ではウサギ肉の煮込みにカリフラワーとトリュフのピュレを添えて提供しています。ハーブをまとった仔羊のローストや、コク深い旨みの鴨肉のロースト、ジュワッと脂の溶け出すサーロインステーキなどが美味しい組み合わせです。
評価
2007年
ヴィンテージ | Wine Spectator (ワインスペクテーター) | 93点 / 100点満点
2007年
ヴィンテージ | パーカーポイント | 92点 / 100点満点
2006年
ヴィンテージ | Veronelli (ヴェロネッリ) | ☆☆☆
2000、2004年
ヴィンテージ | Gambero Rosso (ガンベロロッソ) | 3グラス

おすすめワインNOZZOLE LE BRUNICHE / TENUTA DI NOZZOLEノッツォーレ レ・ブルニケ / テヌータ・ディ・ノッツォーレ

テヌータ・ディ・ノッツォーレの畑とトスカーナの最良のブドウ畑から生まれるシャルドネ

品種 シャルドネ 100%
アルコール 13.0%
商品ページはこちら
ノッツォーレ レ・ブルニケの特徴
テヌータ・ディ・ノッツォーレの畑とトスカーナ地方の複数の畑から生まれるシャルドネを使用しています。スキンコンタクト(果皮と果汁を接触させること)は行わず、18度に保たれたステンレスタンクにて発酵を行います。発酵が半分終わったところで、225Lのオーク樽に移します。発酵が終わってから、シュール・リー(澱を取り除かず、ワインと共に熟成させること)を3-6ヶ月間行います。その後瓶内での2ヶ月の熟成を経て、市場へリリースされます。
色・香・味わい
艶のあるしっかりと濃い黄色。蜜リンゴやパイナップルのコンポートのような濃厚で甘い香り。微かにシトラスとハーブのニュアンスも感じます。栗を思わせるまろやかで香ばしい香りもあります。酸味はしっかりとしていながら柔らかく、パイナップルやマンゴーなどトロピカルフルーツを思わせるやや控えめな風味が特徴的です。リッチな味わいで、フルボディ、そして調和の取れた白ワインです。ドライな余韻を残します。3年の熟成が可能です。8-12℃が美味しい温度です。
おすすめの料理
コクのある魚料理と相性の良いワインです。生産者所有のオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)「ヴィッラ・ディ・ノッツォーレ」ではタラとポテトとケッパー、トマトの詰め物と共に提供しています。魚介の旨味がたっぷりのアクア・パッツァ(魚介とトマトとオリーブオイルを煮込んだ料理)や濃厚なウニのリゾット、ワタリガニのパスタ、生ハムとアスパラガスのリゾットなどと美味しく召し上がっていただけます。
評価
2010年
ヴィンテージ | Wine Spectator (ワインスペクテーター) | 86点 / 100点満点