ピエールサンティ/PIERSANTI

ピエールサンティPIERSANTI

今回ご紹介するのは、アドリア海に面した中部イタリア、マルケ州。この古くからワイン栽培の歴史を持つ土地で、品質の高いワインを生み出しながら進化を続ける生産者です。

ワイナリーの歴史

1955年、ジョバンニ・ピエールサンティと、息子でスパークリングワインの専門知識を持つシルヴェリアとカルロがピエールサンティ社を設立しました。当初は小さな醸造所でしたが、80年代の需要の増加とともに急成長を遂げ、現在では2000㎡を超える広大な施設と現代的な製法によって、高品質なワインを生み出しています。その製法のひとつであるコールドマセラシオンは発酵前にタンクを低温にしてブドウ果皮を果汁に浸け込み、アロマを引き出す製法です。圧搾の際のプレス方法はワインの味わいに影響を与えます。ピエールサンティでは低圧力のプレス(ソフトプレス)を行うことで、エレガントで雑味のないスタイルを生み出しています。

現在、ワイナリーはカルロの息子のジュリアーノとオッタヴィオが父の情熱と共に受け継いでいます。特に力を注いでいるのは、マルケ州を代表する品種であるヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ。そのワインの歴史は古く、ローマ時代に遡ります。ヴェルディッキオという品種名はブドウの色がヴェルデ(緑)だったことに由来し、マルケ地方では山側の ヴェルディッキオ・デイ・マテリカと海側のヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージに大きく分けられ、その二つの個性は大きく異なります。ピエールサンティが力を注いでいるのは海側のヴェルディッキオで、緑がかった麦藁色、少しの苦味とアーモンドの香り、そして、しっかりした酸が特徴です。魚料理とぜひご一緒にどうぞ。

ピエールサンティの生産するワイン紹介

おすすめワインPIERSANTI VERDICCHIO CLASSICO / PIERSANTIピエールサンティ ヴェルディッキオ クラッシコ / ピエールサンティ

魚料理と相性抜群のフルーティで爽やかな白ワイン。

品種 ヴェルディッキオ 100%
アルコール 13%
商品ページはこちら
ピエールサンティ ヴェルディッキオ クラッシコの特徴
このワインは正式名を Anfora Piersanti Verdicchio dei Castelli di Jesi DOC Classico といいますが、Anfora(アンフォラ)とは土器のことで、ローマ時代このワインの容器が土器であったことにちなみます。このワインのボトルの形もアンフォラを象っており、少しぽっちゃりとした風貌です。
色・香・味わい
非常に低圧のソフトプレスによる一番搾り果汁を使用します。柑橘系の果実やリンゴなどの爽やかさと桃のような柔らかな果実の香りをあわせもち、その中に白い花やセージなどの甘いハーブ、そして、ヴェルディッキオの特徴であるアーモンドのニュアンスが感じられます。フルーティで繊細な辛口ながら、果実味には厚みがあり、酸が程よくバランスが取れています。余韻にはリンゴのような爽やかさが残ります。11℃-13℃でどうぞ。
おすすめの料理
卵料理、野菜と魚を使った料理、魚のマリネ、魚介類のスープ、フライなどの魚料理全般と美味しく召し上がっていただけます。
評価
受賞歴なし

おすすめワインPIERSANTI TERRE DI SAMPAOLO VERDICCHIO CLASSICO SUPERIORE / PIERSANTIピエールサンティ テッレ・ディ・サンパオロ ヴェルディッキオ クラッシコ スーペリオーレ / ピエールサンティ

ラベルに生産者の名前を記した、その思いと自信にあふれるワイン。

品種 ヴェルディッキオ 100%
アルコール 13.5%
商品ページはこちら
ピエールサンティ テッレ・ディ・サンパオロ ヴェルディッキオ クラッシコ スーペリオーレの特徴
海側で栽培されるヴェルディッキオの中心となる街、イエージ。その北西の丘陵地は二つの地域に分けられます。その二つのうち南側の地域は古くからこのワインを造っており、クラッシコ地区に指定されています。ラベルに生産者の名前が記されたこのワインは、その伝統的なクラッシコ地区で栽培されたブドウのみを用いて造られます。
色・香・味わい
複数の日当たりや畑の異なるブドウを使用しています。しっかり熟してから収穫する遅摘みです。非常に低圧のソフトプレスにより圧搾し、ステンレスタンクでゆっくりと発酵を行います。一部バリックを使用しています。
爽やかなハーブやグレープフルーツなどの柑橘系の香り、そして、蜜の詰まったリンゴや桃のような豊かな果実味と、ほのかにヴァニラやアーモンドのニュアンスが感じられます。ぎゅっと凝縮された果実味に、まろやかな口当たり。上品な酸味と心地よいほのかな苦味がきれいな余韻を残します。12℃が美味しい温度です。
おすすめの料理
サラミやハムの盛り合わせ、豚肉や鶏肉などの白身肉、魚介類のパスタ、スパイシーな料理、寿司などと幅広くお楽しみいただけます。
評価
受賞歴なし