ジューリア・ネグリ/Giulia Negri 自然農法で完成度の高いエレガントなバローロとランゲを生み出しています

ジューリア・ネグリGiulia Negri

バローロ地区ラモッラ村で今注目の新世代女性醸造家ジューリア・ネグリ。自らを「バローロ・ガール」と名乗る彼女は、自然農法で完成度の高いエレガントなバローロとランゲを生み出しています。

ワイナリーの歴史

「バローロ・ガール」。自らをそう名乗り、バローロを普及すべく積極的に活動している若手女性醸造家ジューリア・ネグリ。彼女はピエモンテで150年続く家族経営のワイナリー「セッラデナリ」のオーナーで、イタリアを代表するエノロゴ、ロベルト・チプレッソ氏と共に伝統と現代技術を融合させワイン造りを行ってきた人物、ジョヴァンニ・ネグリ氏の娘です。

歴史あるワイナリーで生まれ育ったジューリア氏は「自分のやり方でワインを造ってみたかったの」と、自身の名を掲げたブランドを立ち上げました。畑とワイナリーはバローロ地域でも標高が高いラモッラ村にあり、有機認定は受けていないものの、化学肥料や農薬等を使わない自然農法でネッビオーロ、シャルドネ、ピノ・ネーロを栽培。ボトルのラベルにはジューリア氏の愛犬の姿が描かれています。

ブランドを立ち上げて初めて仕込んだのは2005年ヴィンテージからですが、2007年ヴィンテージのバローロ・タルトゥファイアがアメリカの有名なワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」で高得点をマークし、同時にトップ100にも選ばれるという快挙を成し遂げました。

「人生にあくびなんてしている暇はないわ。カンティーナは清潔でシンプルに。そして情熱をもって醸造をすることが大切よ。「ワイン造りは毎年試行錯誤を繰り返しながら続ける、ある種、芸術のようなものね」若いエネルギーと情熱が注ぎこまれた、完成度の高いエレガントなワインを造るジューリア・ネグリ、今後も注目の生産者です。

ジューリア・ネグリの生産するワイン紹介

おすすめワインGiulia Negri Langhe Pinot Nero/Giulia Negriジューリア・ネグリ ランゲ ピノ・ネーロ(D.O.C. ランゲ)

赤い果実のイメージの奥に広がる複雑さが楽しい一本

品種 ピノ・ノワール 100%
アルコール 13%
商品ページはこちら
ランゲ ピノ・ネーロの特徴
ブドウは標高500mの北向きの冷涼な畑で栽培。ステンレスタンク発酵後、バリック(225L樽)で6ヶ月、トノー(500L樽)で6ヶ月、瓶内で8ヶ月熟成しています。
色・香・味わい
色は赤みのあるやや濃いめのルビーレッド。香りはラズベリーやイチゴ、サワーチェリーのような赤い果実とスパイスや樽熟成由来のトースト香を感じます。味わいは赤い果実のような甘酸っぱい果実味と引き締まった酸、細やかなタンニン、複雑な余韻が楽しめます。凝縮感のあるフルボディタイプです。
おすすめの料理
シンプルな肉料理がおすすめ。牛肉のカルパッチョ、骨付き豚肉の炭火焼き、ローストチキンなど。
評価
受賞歴なし

おすすめワインGiulia Negri Barolo/Giulia Negriジューリア・ネグリ バローロ(D.O.C.G. バローロ)

熟成感と旨みがたっぷりのエレガントなバローロ

品種 ネッビオーロ 100%
アルコール 14%
商品ページはこちら
バローロの特徴
剪定やグリーンハーヴェスト(果房を未熟な状態で収穫(間引き)すること)によって収量を8t/ha以下に抑えています。60hlの発酵槽でアルコール発酵、その後24ヶ月の木樽熟成、12ヶ月の瓶熟成をさせてから出荷します。
色・香・味わい
オレンジがかった縁とやや濃いルビーレッド色からは熟成感が感じられます。香りはドライフルーツや赤い果実のような香りと、ハーブ、葉巻、タールなどを思わせるニュアンス。味わいは、香りと同じような果実味に、滑らかなボディ、豊かなタンニンが感じられます。ジューシーで旨みたっぷりのエレガントなフルボディタイプです。
おすすめの料理
燻製ベーコン、ローストビーフ、青カビタイプのチーズ(ロックフォールなど)など、凝縮感のある肉料理やチーズがおすすめ。
評価
2009年 ヴィンテージ SAKURAワインアワード シルバー

おすすめワインGiulia Negri Barolo Tartufaia/Giulia Negriジューリア・ネグリ バローロ タルトゥファイア(D.O.C.G. バローロ)

バローロが誇るクリュから造られる重厚感ある一本

品種 ネッビオーロ 100%
アルコール 14.5%
商品ページはこちら
バローロ タルトゥファイアの特徴
バローロ地域における偉大なクリュ(単一畑)のチェレクイオとセッラデナリのネッビオーロを厳選して使用。土壌は砂岩と泥灰土が混ざったトルトニアーノ土壌。収穫後、60hlの発酵槽でアルコール発酵、1年使用のバリックで6ヶ月樽熟成、2年使用のバリックに移して6ヶ月熟成、その後500Lのトノーで18ヶ月熟成させ、瓶詰めしています。
色・香・味わい
かすかにオレンジがかった濃いルビーレッドから中心部は黒みが残っています。香りはベリー系果実の凝縮された香りに、甘いスパイス、ハーブ、リコリス、タバコ、なめし皮などとても複雑なニュアンスが感じられます。味わいは凝縮された黒い果実の味わいと豊かな酸、しっかりとしたタンニンが感じられ、凝縮感とエレガントなバランスのよさを楽しめます。
おすすめの料理
存在感のある肉料理やチーズと一緒に。牛肉の赤ワイン煮、ヒレステーキ、青カビタイプのチーズ(ロックフォールなど)。
評価
2012年ヴィンテージ Wine Enthusiast (ワイン・エンスージアスト) 90点 / 100点満点
2010年ヴィンテージ SAKURAワインアワード ダブル・ゴールド

おすすめワインGiulia Negri Langhe Bianco/Giulia Negriジューリア・ネグリ ランゲ ビアンコ(D.O.C.ランゲ)

果実味が爽やかに感じるコクのある白ワイン

品種 シャルドネ 100%
アルコール 13.5%
商品ページはこちら
ランゲ ビアンコの特徴
ラモッラ村の標高500m付近、北向きの畑で栽培。通気性がよく、昼夜の寒暖差が大きいため、爽やかな酸をもった仕上がりに。温度管理されたステンレスタンクでのアルコール発酵、オーク樽で6ヶ月熟成、ステンレスタンクで6ヶ月熟成、瓶詰後さらに6ヶ月熟成させます。
色・香・味わい
色は輝きのある濃い目のレモンイエロー。香りはレモン、ライムなどの柑橘系果実と、樽熟成由来のトーストやヴァニラの香り。次第にハチミツや白い花、熟したリンゴのニュアンスも現れる。コクのある辛口で、豊かな酸味とボリューム感があり、引き締まった果実味が楽しめ、柔らかな果実の余韻が残る。
おすすめの料理
チキンソテー、牡蠣フライ、バーニャカウダなどがおすすめ。キリっとした味わいのワインとマイルドな味わいの料理が互いを引き立て合います。
評価
2009年 ヴィンテージ SAKURAワインアワード ゴールド

おすすめワインGiulia Negri Barolo Serradenari/Giulia Negriジューリア・ネグリ バローロ セッラデナリ(D.O.C.G. バローロ)

セッラデナリの単一畑から生まれるのびやかでエレガントなバローロ

品種 ネッビオーロ 100%
アルコール 14.5%
商品ページはこちら
バローロ セッラデナリの特徴
ラモッラ近く標高500mの西側斜面に位置するセッラデナリの単一畑のブドウを使用。土壌は石灰質。樹齢は15年。手摘みで収穫し、除梗・破砕後、フローティングキャップを使って醸す。30℃に温度管理された伝統的な木樽で発酵。2,500Lのオーク大樽で28ヶ月熟成。瓶内で8ヶ月熟成。
色・香・味わい
オレンジがかったガーネット色。ドライチェリーのような、小粒の赤いドライフルーツの香り。土やなめし皮、鉄のニュアンスも。酸は高くのびやかで、タンニン量は多く細やか。香りにあるようなドライフルーツの果実味と酸のバランスがよい。余韻は長く続く。
評価
2012年 ヴィンテージ Wine Enthusiast (ワイン・エンスージアスト) 92点 / 100点満点