アルテジーノ/ALTESINO

アルテジーノALTESINO

モンタルチーノ地方におけるブルネッロの優れた老舗生産者アルテジーノ。伝統を守りつつ常に革新的な試みに挑戦し、エレガントなワインを生み出している。

ワイナリーの歴史

シエナ県南部にあるモンタルチーノ地方は、オルチャなどの渓谷に挟まれた、悠々としたブドウ畑の丘が連なっている土地。この地で1970年、ミラノの起業家であったジュリオ・コンソンノ氏によってアルテジーノは設立されました。モンタルチーノ地方におけるワインの歴史を作り上げてきた老舗として、そして世界でも高い評価を受けているブルネッロ・ディ・モンタルチーノの優秀な造り手として、このエリアのワイナリーを代表する存在です。

設立以来、次々と革新的な試みに挑戦しており、1975年には世界で初めてブルネッロの「クリュ(単一畑)」ワイン、「モントゾーリ」を発表、1977年には初めて「ブルネッロ・ディ・グラッパ」を造った生産者の一つに、1979年には当時イタリアワインではあまり普及していなかったフレンチオーク樽を使い始めました。

所有する敷地はとても歴史があり、元々15世紀の貴族の農園でした。当時に建てられたパラッツォ・アルテージ宮殿は現在ワイナリーとして使用されています。畑は5つの地域に所有。モンタルチーノの町より北のAltesiとMacina、南のPianzzineとCastelnuovo dell’Aateにある畑では、局地的気候の差によって異なる特徴のブドウが育つため、これらをブレンドし品質の安定したワインを生産しています。また他の畑と土壌の性質が異なるMontosoliでは、その個性を際立たせるために「クリュ(単一畑)」でブルネッロを造っています。いずれの畑でも化学的なものは使用せず、丹念にブドウを栽培しています。

2001年、創立者のコンソンノが亡くなり、現在は新オーナーのエリザベッタ・ニューディ・アンジェリーニの元、創業からの技術とマインドを受け継ぎ、伝統と革新を併せ持ったワインを生み出し続けています。

アルテジーノの生産するワイン紹介

おすすめワインAltesino Rosso TscanaI.G.T.ロッソ トスカーナ

果実味と酸味のバランスが取れたエレガントな「毎日飲める心地の良い赤」

品種 サンジョヴェーゼ 80%
カヴェルネ・ソーヴィニヨン
メルロー
アルコール 13.5%
商品ページはこちら
I.G.T. ロッソ トスカーナの特徴
「毎日でも飲める心地の良さ」がテーマの、フルボディの辛口赤ワインです。所有する4つの畑で育つ若い樹齢(4年~12年)のサンジョヴェーゼを主体に、カヴェルネ・ソーヴィニヨンとメルローをブレンド。6~8ヶ月のステンレスタンク発酵、3ヶ月のフレンチオーク樽での熟成、瓶詰後3ヶ月の熟成を経て造られています。
色・香・味わい
やや黒のかかった深いルビーレッド色。赤い果実や花のような華やかな香り、スパイスやドライハーブ、ドライフルーツのようなニュアンスが感じられ、サンジョヴェーゼらしいエレガントなうまみを発揮しています。そこにカヴェルネ・ソーヴィニヨンとメルローによる黒い果実や土のようなニュアンスも加わります。豊かな果実味とバランスの取れた酸味、タンニンの複雑な味わいを楽しめます。
おすすめの料理
青カビタイプのチーズ(ロックフォールなど)、ボロネーゼ(ミートソース)、ローストチキンなど、ワインに負けない存在感のある料理と相性◎。
評価
2016年
ヴィンテージ | Jamessuckling(ジェームズ・サックリング)90点 / 100点満点
2014年
ヴィンテージ | Wine Enthusiast (ワインエンスージアスト) 87点 / 100点満点

おすすめワインALTESINO BIANCO TSCANAI.G.T. ビアンコ トスカーナ

生き生きとしたフレッシュ感が楽しめる明るい印象のデイリー白ワイン

品種 シャルドネ
ヴェルメンティーノ
ヴィオニエ
アルコール 12.5%
商品ページはこちら
I.G.T. ビアンコ トスカーナの特徴
デイリータイプのミディアムボディの辛口白ワインです。ワイナリーのあるアルテージ周辺の畑で造られるシャルドネ、ヴェルメンティーノ、ヴィオニエをブレンド。18℃~20℃で30日間発酵、ステンレスタンクで6ヶ月熟成させて造られています。
色・香・味わい
色合いは緑がかった輝きのあるレモンイエロー。香りはユリなどの白い花、オレンジの花、桃、カリンなどの、優しい甘さや柑橘系果実の爽やかさを感じるアロマです。口当たりは滑らか。フレッシュな果実味と酸、ミネラル感が調和し、あとからアーモンドのようなニュアンスも感じられます。余韻に残る苦みまで心地よく楽しめる、飲みやすい一本です。
おすすめの料理
さっぱりと、鯛のカルパッチョ、アクアパッツア、シーフードサラダなどがおすすめ。
評価
2014年
ヴィンテージ | Wine Enthusiast (ワインエンスージアスト) 86点 / 100点満点

おすすめワインALTESINO BRUNELLO DI MONTALCINOD.O.C.G. ブルネッロ ディ モンタルチーノ

アルテジーノらしさが表れる強さと気品を兼ね備えたブルネッロ

品種 サンジョヴェーゼ 100%
アルコール 14.0%
商品ページはこちら
D.O.C.G. ブルネッロ ディ モンタルチーノの特徴
複雑な香り、品のある滑らかな質感のある口当たり、良質のタンニンといった構成のバランスのよさが感じられる、フルボディの辛口赤ワインです。4つの畑のサンジョヴェーゼをブレンドして使用。4年熟成(うちオーク樽で2年以上)の後、瓶に詰め4ヶ月熟成させています。
色・香・味わい
ややオレンジのかかった濃いルビーレッド色。やや明るめの色合いには熟成感が表れています。香りはチェリーや野イチゴなどの赤い果実、さらにはスパイス、ドライフラワー、ドライフルーツ、タバコ、チョコレート、ローズマリーなど、しっかりとした複雑なニュアンスが楽しめます。口に含むと、滑らかさの中に強さを感じる味わいです。赤い果実に、引き締まった酸、豊かなタンニンが感じられます。スパイスやドライフルーツ、葉巻、と複雑な余韻が後を引きます。
おすすめの料理
ワインの複雑な味わいをじっくりと楽しめるよう、料理はシンプルなものがおすすめ。
サーロインステーキ、ハードまたはセミハードタイプのチーズなど。
評価
2013年
ヴィンテージ | パーカーポイント 94+点 / 100点満点
2013年
ヴィンテージ | Decanter (デキャンター) 91点
2013年
ヴィンテージ | 各種コンクール 94点(James Suckling)
2012年
ヴィンテージ | Gambero Rosso (ガンベロロッソ)
2012年
ヴィンテージ | Wine Enthusiast (ワインエンスージアスト) 94 / 100点満点
2008年
ヴィンテージ | SAKURAワインアワード ダブルゴールド
2008年
ヴィンテージ | Wine Spectator (ワインスペクテーター) 92点 / 100点満点

おすすめワインALTESINO BRUNELLO DI MONTALCINOD.O.C.G. ブルネッロ ディ モンタルチーノ モントゾーリ

世界初の「クリュ(単一畑)」産ワイン。香り高く、繊細でエレガントなアルテジーノの看板ワイン

品種 サンジョヴェーゼ 100%
アルコール 14.5%
商品ページはこちら
D.O.C.G. ブルネッロ ディ モンタルチーノ モントゾーリの特徴
単一畑「モントゾーリ」で栽培しているブドウだけを使った、アルテジーノの看板ワインです。1975年に初めて発表して以降、良年のみ生産されています。「クリュ(単一畑)」の概念を用いた世界初のワインとしても有名です。香り高く、繊細でエレガントな個性が表れた素晴らしいワインです。熟成の可能性は2030年。ブドウ畑はモンタルチーノの北東、標高380mの丘にあり、北向きの斜面で、広さは約5ha。ごつごつした石灰岩が多く見られる粘土石灰土壌です。4年熟成(うちスラヴォニアンオーク樽で2年以上)の後、ミディアムトーストのアリエ産のバリックで3週間熟成、瓶詰め後4ヶ月熟成を経て造られています。
色・香・味わい
ややオレンジのかかった濃いルビーレッド色。やや明るめの色合いから熟成感が見て取れます。香りはブラックチェリー、ラズベリー、イチゴなどの果実と、スミレ、ドライフラワー、ドライフルーツ、ローズマリー、黒コショウ、タバコ、チョコレートなど複雑なニュアンス、さらにバニラの香りがよりエレガントな印象を醸し出しています。味わいはしっかりとした構成で、香りにあるベリー系果実の味わい、引き締まった酸、豊かなタンニンの調和は見事。後には、スパイスやドライフルーツ、葉巻のような複雑な余韻が長く楽しめます。
おすすめの料理
評価
2013年
ヴィンテージ | Wine Spectator (ワインスペクテーター) 97点 / 100点満点
2013年
ヴィンテージ | パーカーポイント 95点 / 100点満点
2013年
ヴィンテージ | Decanter (デキャンター) 92点
2013年
ヴィンテージ | 各種コンクール 98点(James Suckling)
2012年
ヴィンテージ | Gambero Rosso (ガンベロロッソ)
2012年
ヴィンテージ | Wine Enthusiast (ワインエンスージアスト) 97点 / 100点満点