ソムリエの
お話し
SOMMELIER


05 自宅にワインセラーを

購入したワインをすぐに飲まない場合、必ず必要なのがワインセラーです。

なぜワインセラーがないと長期保存ができないのでしょうか?

ワインを劣化させる主な要因として、以下の要素があげられます。
  1. 光・・・直射日光や紫外線に弱く、変色の原因となります。蛍光灯もNGです。
  2. 温度変化・・・長期保存に最適な温度は12~15℃の定温です。急激な温度変化や40℃以上の高温に要注意です。
  3. 低湿度・・・70~75%前後が最適です。高めの湿度が必要です。
  4. 振動・・・振動により味わいのバランスを崩したり、変質の可能性が高まります。
  5. 異臭・・・強い香りを発するものの近くに置くと、ワインに香りが移る場合があります。 

 

ワイナリーに行くと地下に熟成庫があるのは、特別な制御をしなくても理想的な保管条件に保てるからです。暗くて、夏も冬もある程度好ましい定温が保たれ、湿度も高いですから。

もしワインを購入後、そのまま常温で保管した場合、夏の高温によりワインの香りや味わいがダメージを受けてしまいます。かといって冷蔵庫に長期保存するのも危険です。温度も低すぎますし、湿度も明らかに足りません。冬は冬で気温が低すぎますし、やはり湿度が不足してしまいます。

ワインセラーがない場合、短期保存するのであれば、ワインを新聞紙などで包み、床下収納がベストです。ボトルは必ず横向きにしてください。床下収納がない場合は、冷蔵庫の野菜室でしょうか。野菜室は冷蔵室に比べやや温度が高いので、冷蔵室より安心です。冬場であれば、暖房の影響を受けにくい押入れもいいでしょう。
特別なワイン、高額なワインなど、数ヶ月以内で消費せず少し寝かせたいな10年20年熟成を待ちたいなというときは、ぜひワインセラーで保管してください。小型のものなら、数万円で購入できます。

ワインセラーはワインライフの必需品です。

ワインセラーがあれば、ワインの熟成を待つ楽しみが増えますし、ワインライフがさらに楽しく、充実したものになりますよ。