ワインの
産地&特徴
CHARACTERISTIC


イタリア

山麓地帯のワイン

01
Valle d’Aosta
ヴァッレ ダオスタ州


州都=アオスタ
この州はアルプスの山の麓。山岳地でブドウはドーラ・バルテーア川沿いの傾斜面で栽培。栽培面積が限られているため生産量は年間3,000kℓと少ない。ワインはフレッシュでさっぱりとした味わい。

02
Piemonte
ピエモンテ州


州都=トリノ
ピエモンテ=「山の足」。丘陵で栽培。イタリアワインの王といわれるバローロ、王子といわれるバルバレスコが代表的。
上級ワインの数は全州1位。北部イタリアにおいて多く栽培されている酸味の勝るBarbera(バルベーラ)種、酸味の少ないDolcetto(ドルチェット)種からのDOCワインも造られている。ピエモンテ州にIGTはない。

03
Lombardia
ロンバルディーア州


州都=ミラノ

04
Trentino – Alto – Adige
トレンティーノ・アルト・アディジェ州


州都=トレント
オーストリアに接するイタリア最北部にある州。第二外国語としてドイツ語が話されており、ラベル表示もイタリア語と両方で書かれていることが多い。

05
Veneto
ヴェネト州


州都=ヴェネツィア
この州の3銘柄のみ、陰干ししたブドウから出来る甘口はレチョートという表示だが、それ以外はパッシートになる。
D.O.C.G.は平野のワインらしく、赤白共に軽いものが多い。プロセッコ種(グレラ種)からのフルーティーなスプマンテも有名で、カクテルのベリーニ(+桃ピューレ)にも使用される。

06
Friuli Venezia Giulia
フリウーリ・ヴェネツィア・ジューリア州


州都=トリエステ
イタリアで最も雨が多い所。ワインは高品質志向で、特に白ワインに力を入れている。ブドウ栽培技術は非常に発達し、その新しい仕立て方は世界の注目を集めている。

中部・ティレニア沿岸部のワイン

 

01
Liguria
リグーリア州


州都=ジェノヴァ
ブドウが栽培されているのは海岸線の山地や丘陵地で、古い伝統を守る独特な品質と性格を持っている。
D.O.C.ワインに使用されるOrmeasco(オルメアスコ)種はドルチェット種の地方名。

02
Toscana
トスカーナ州


州都=フィレンツェ
・昔からワインの名声を誇ってきた州で、力強い赤ワイン中心のピエモンテ州と並ぶ高品質ワイン産地。
・黒ブドウのヴィン・サント=Occhio(オッキオ・) di(ディ・) Pernice(ペルニーチェ)(ヤマウズラの眼)と表示。
・14世紀から使用されている最古のガラス瓶=フィアスコ。
・1970年代V.d.T.で高品質ワインが次々に生産される→スーパータスカン(トスカーナ)
スーパータスカン=DOC法といった伝統や格式にとらわれることなく、トスカーナ地方の生産者が、自由に、ただ美味しさだけを追及して造った。品種や醸造方法に新しい種類や方法を試むことが多いため、ごく一部の例外(サッシカイア)を除きほとんどの物が、DOCやDOCGといった呼称ができず、IGTやVdTのカテゴリーになる。
*トスカーナ州のD.O.C.G.は全てリセルヴァあり

03
Lazio
ラツィオ州


州都=ローマ
火山帯に位置し、いくつかの湖や丘陵地、トスカーナ寄りの北の山地などはこの州の起源を物語っている。ローマ近郊で造られる白ワインが有名。赤ワインの生産量は少ないが、近年増加の傾向にある。

04
Campania
カンパーニア州


州都=ナポリ
ワイン造りの歴史は古く、紀元前から有名だった。

05
Calabria
カラーブリア州


州都=レッジョ・カラブリア
起伏に富んだ山地の多い州。ワインはトロペアの港から送られてきたギリシャ・ワインの血を引いている。

06
Umbria
ウンブリア州


州都=ペルージャ
海を持たない州でイタリア半島の中央部に位置している。その昔、収穫したブドウを洞窟内で乾燥させてカビを生やし、それによって糖度を高める甘口ワインの“Muffa(ムッファ・) Nobile(ノービレ) (高貴なカビ)”という手法があったが今日では珍しい。

07
Basilicata
バジリカータ州


州都=ペルージャ
海を持たない州でイタリア半島の中央部に位置している。その昔、収穫したブドウを洞窟内で乾燥させてカビを生やし、それによって糖度を高める甘口ワインの“Muffa(ムッファ・) Nobile(ノービレ) (高貴なカビ)”という手法があったが今日では珍しい。

アドリア海沿岸のワイン

 

01
Marche
マルケ州


州都=アンコーナ
この州は、東はアドリア海、西はアペニン山脈、北はエミーリア・ロマーニャ州、南はアブルッツォ州に接している。

02
Abruzzo
アブルッツォ州


州都=ラクイラ
「美と貧困」と形容されるくらい、山と丘陵地からなり農業にも厳しい環境のこの州で、ブドウ栽培は非常に重要な農業の1つ。

03
Molise
モリーゼ州


州都=カンポバッソ
つい最近までアブルッツオ州と一体であったこの州は、ブドウ栽培の歴史が古く、まだ古風な農業形態で成り立っており、他の州との交流が限られていることが比較的貧しい要因となっている。

04
Puglia
プーリア州


州都=バーリ
台地か平野からなるため気候は暑い。この州のワイン生産の歴史は古代フェニキアの植民地時代にまで溯るが、現在では、新しいブドウ品種と新しい栽培、醸造技術への転換が進んでいる。

地中海沿岸のワイン

 

01
Sardegna
サルデーニャ州


州都=カリアリ
シチリアに次ぐ大きな島で、住民の独立心が強い。ブドウ栽培の歴史は古く、12~13世紀にリキュールタイプのワインがもたらされた。コルク栓の産地でもある。

02
Sicilia
シチリア州


州都=パレルモ
地中海の中央部にある大きな島で、ブドウの栽培の歴史は古く、紀元前8世紀頃からワインが造られていた。
この島で最も有名なDOCマルサーラは、イギリス人によって造られたフォーティーファイドワインである。
また近年ネロ・ダヴォーラ種からの高品質な赤ワインも造っている。

この記事を書いた人

わだ えみ さん


「わだえみのわいん塾」「白金ワインアカデミー」主宰。
ワインスクールでの講師暦20年、これまで述べ2000人以上のソムリエ、ワインエキスパート、愛好家を輩出。
"地酒で地方活性"を目指し、現在長野県上田市でもわいん塾を開講中。
日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
日本ドイツワイン協会認定ドイツ上級ワインケナー
チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル
日本ワイン検定1級 日本ワインマスター
南アフリカワイン・スペシャリスト(WOSA認定)
日本シードルマスター協会認定シードルアンバサダー

わだ えみ さんのウェブサイトを見る