白ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


白ワインのブドウ品種 ~ヴァイスブルグンダー~

ヴァイスブルグンダーはブドウ品種の名前です

ブドウは世界中で栽培されており、果物として食べられたりジュースやゼリーなどの加工品としても利用されますが、最も利用されているのがワインです。ワインなどのぶどう酒に使われるブドウ品種は数多くありますが、中でも最近人気がでているのがヴァイスブルグンダーという品種です。

ヴァイスブルグンダーは白ワイン用に使われており、主にドイツで栽培されています。ヴァイスとはドイツ語で白色を意味しています。ドイツやフランスで人気の品種でまろやかな酸味が飲みやすく、ワイン通の間でも人気です。ブドウの中では中くらいのサイズで、他のブドウ品種とブレンドして使われる場合もありますし、スパーリングワインにも使われます。特級銘柄ではありませんが、さわやかな香りと強い酸味と適度な苦味で特級と遜色ない味わいがあります。アルコール度数も13度と適度な度数で、健康的に酔えると評判です。

ヴァイスブルグンダーの日本での購入方法ですが、有名なリカーショップでも購入できますが海外から個人輸入する事も可能です。ドイツやフランスから個人で購入する事は大変なので、個人輸入代行業者を利用すると良いでしょう。個人輸入代行業者は複数ありますので、幾つかのサイトを訪問して比較して自身の希望するヴァイスブルグンダーを販売しているサイトを選択する事を推奨します。ボトルサイズは750mlが多く、1本あたり3000円から4000円が相場です。まとめ買いすれば更に安く購入することも出来ますが、あまり買いすぎても飲み切れませんので知人と共同購入してシェアする方法もあります。ワインの保管方法はデリケートなため、ヴァイスブルグンダーの鮮度を保つためにも、購入後もしっかり管理していつまでも美味しく飲めるようにしましょう。ヴァイスブルグンダーはリーズナブルで誰にでも美味しく飲めるワインのため、贈り物として購入する人も多いです。隠れた名品のため非常に喜ばれます。

一覧に戻る