白ワイン用
ブドウ
KNOWLEDGE


白ワインのブドウ品種 ~アリゴテ~

アリゴテはシャープな味わいと古風な酸味のあるブドウ品種

フランスのブルゴーニュ地方をメインに栽培されているブドウ品種がアリゴテであり、白ワインを造ることができます。栽培面積としてブルゴーニュでは、ピノノワールとシャルドネが植えられている割合が80%ほどです。シャルドネの次にたくさん植えられているのが、栽培面積の6%ほどのアリゴテ種二なります。大振りな房も特徴で見織る際には密生しており、粒もシャルドネと比べたら大きさがあって、味わい的には軽めです。

シャルドネとは常に比較される対象にありますが、熟成した良年のものは果実味も酸味も大変際立っています。辛口な味わいのワインになりますが、絶妙な果実味と酸味は大変バランスの酔いもであり、二級品種ではありません。大変丈夫な品種であることから、病気や害虫にも強いので栽培がしやすいです。早熟な発芽なので収穫時期は、真夏の暑い時期となる8月になります。アリゴテ・ドレとアリゴテ・ヴェールの2つに品種は分かれていて、それぞれの特徴も個性的です。

緑色を意味するのはアリゴテ・ヴェールであり、酸味が強くて大粒のブドウになります。金色の意味を持つのはアリゴテ・ドレの方であり、酸味だけが自己主張をすることが無く、味わいは大変ふくよかです。金色と言われるだけあって、小粒のブドウは成熟をすると色が金色に輝きます。シャルドネやほかのワインと比べると、若干格下に見られてきたものの、厚みが無くて酸味の強さが目立ったのもその理由です。

ところがアリゴテ種より造るワインはその隠した傾向のイメージを一新する物であり、香りには透明感があって非常にフレッシュで清々しさがあります。味わいはシャープであり、酸味にはエッジがきいているのも大きな特徴です。飲んだ後の後味はスッキリとしていて、酸味は古風でミネラル感も豊富、これらはすべてが長所になります。ブドウ品種としてブルゴーニュ全域での栽培が盛んであり、コート・シャロネーズ地区ではAOCブーズロンの産出です。

一覧に戻る