ドメーヌ・ストフラー リースリング

615396

柑橘系の果実を思わせる、繊細でマイルドな香り。微かにハーブ系の苦味があり、味わいに厚みのあるしっかりとした構成のワイン。きりっとした酸味も楽しめる辛口。


ドメーヌ・ストフラー リースリング グランクリュ キルヒベルク ド バール

615391

貴腐菌のついたものを含む良質な小粒の葡萄をオークの大樽で発酵し、シュールリー製法で仕上げる。酸の構成と果実味の凝縮感が絶妙な調和をなした大変まろやかな味わい。


リースリング カビネット ハルプトロッケン ラインヘッセン

66303

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系果実の香り。ミネラル分を感じる柔らかい甘みとすっきりとした酸味を楽しめるやや辛口。


ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ

66300

「黒猫が座った樽のワインが最も出来が良い」という、ツェル村の伝説から誕生した「黒猫」という名のワイン。ドイツを代表する甘口白ワインのひとつ。リンゴやアカシアの花の香り。フレッシュな果実味、マイルドな甘さが特長。


リープフラウミルヒ

66301

「聖母の乳」という名の、ドイツを代表する甘口白ワインのひとつ。聖母教会で修道僧たちが造っていたワインを、リープフラウミルヒ(聖母の乳)と名付けたのが始まり。リンゴやハチミツの香り。フレッシュでフルーティーな果実味とマイルドな甘味が魅力。


コノスル リースリング ビシクレタ(ヴァラエタル)

617821

ハチミツのような香りをベースに、アプリコット、リンゴ、レモンの花、シトラスなどを感じさせるノートが複雑に絡み合っている。糖分を少々残す(7g/L)ことで、ほんのり甘く感じるスタイルに仕上げている。


コノスル シングルヴィンヤード リースリング

617824

ビオビオのキトラルマンの第23区画。20%をスキンコンタクト、80%を全房仕込み。ブレンド後、48時間低温で置いてからステンレスタンクで発酵。白い花、柑橘系果実、カリンなどの香りなど。とても豊かな香りが楽しめる。果実味がフレッシュで鮮やか。


コノスル コセチャ・ノーブレ レイト・リースリング

617819

チリ南部、冷涼なビオビオ・ヴァレー産葡萄を使用。天然の糖分が凝縮された遅摘み葡萄と貴腐葡萄から造られる。ミネラル感たっぷりでジューシーな甘みとリースリングの爽やかな酸のバランスが取れたエレガントな味わい。残糖度78g/L。


モンティノレ リースリング

615263

ライムやグレープフルーツのような柑橘系の果実の香りと白い花やハチミツのようなニュアンスが感じられる。生き生きとした酸が爽やかな印象を与え、微かな甘みのおかげで柔らかな口当たりに仕上がっている。


モンティノレ リースリング スウィート リザーヴ

615265

アプリコット、パイナップル、オレンジの花、紅茶などほんのり甘い香りが感じられ、グレープフルーツやミネラルのニュアンスも楽しめる。甘口ながら、生き生きとした酸がボディを引き締めている。