ジューリアネグリ バローロ

611142

ドライフルーツや赤い果実のような香りとハーブ、葉巻、タールなどのようなニュアンスが感じられる。香りにあるような果実の味わいと滑らかなボディ、豊かなタンニンが感じられ、ジューシーで旨味たっぷりのエレガントなスタイル。


ジューリアネグリ バローロ タルトゥファイア

611132

ベリー系果実の凝縮された香りと甘いスパイス、ハーブ、リコリス、タバコ、なめし皮などの香り。凝縮された黒い果実の味わいと豊かな酸、しっかりとしたタンニンが感じられ、エレガントなバランスの良い味わいが楽しめる。


ジジ・ロッソ バローロ

615273

オーク樽で2年、瓶で1年熟成。サクランボのフレッシュな香りや、ホワイトペッパーなど穏やかなスパイスの香り。しっかりした酸味、豊富なタンニン。滑らかでエレガント。独特のスパイシーな味わいと微かな甘み。複雑で長い余韻が楽しめる。


611165 ジューリア・ネグリ バローロ セッラデナリ

611165

セッラデナリの畑は、ラモッラ近く標高500mの西側斜面に位置する単一畑。酸は高く伸びやかさがあり、タンニン量は多く細やか。香りにあるようなドライフルーツの果実味と酸のバランスが良い。余韻は長く続く。


バローロ・クラシコ

000-74889

伝統的アッサンブラージュ・バローロ。カパロット(ラ・モッラ)、ブリッコ・キエーザ(ラ・モッラ)、フィアスコ(カスティリオーネ)の葡萄を主体にヴィーニャ・リオンダなどの選別された葡萄も使用する。収穫・発酵は畑毎に行い、1年熟成後に味わいを見ながらアッサンブラージュ。


ランゲ・ネッビオーロ

000-74872

ラ・モッラのサンタ・マリア・ブリッコ・サン・ビアッジョの葡萄を使用。
バローロよりマセラシオンを短く15日程度に抑えている。樹齢15年。年産15,000本のみ。


バローロ・アルベ

000-9232

La Volta, Fossati, Coste di Vergneのブレンド。ステンレスタンクで発酵(葡萄の状態によってだが例年25日程度のマセラシオン)。熟成は大樽で34ヶ月程度。


ロザベッラ

000-87506

各畑の若い樹を使用。通常より早い収穫でフレッシュさ、アロマティックさ、リンゴ酸を残して収穫し、2〜3時間のマセラシオンを経てステンレスタンクで発酵。発酵温度は24度以下でフレッシュさを失わないように調整。ノン・マロラクティック。フレッシュさが重要なので春を迎える前にボトリング。


バローロ プレッセンダ

001-AB0001

モンフォルテダルバにあるプレッセンダ・カステレット畑にて収穫、ステンレスタンク発酵、500Lのオーク樽で12か月、 30HLのオーク樽で24か月、瓶内で12か月の熟成。


ネッビオーロ ダルバ

001-AB0003

ステンレスタンク発酵、35HLのオーク樽で12か月熟成。果実味はひかえめながら酸とタンニンのエレガントな味わい。