モンテノーボ

613731

フレッシュで親しみやすいタイプのゴデージョ。やや厚みを感じる口当たりで、フレッシュな柑橘系の果実味、穏やかな酸味、ミネラルが感じられる。後味にほのかな苦味が残り、味わいを引き締める。一部、契約農家の葡萄を使用。


バルデシル

613722

醸造はステンレスタンク。6ヶ月の「シュール・リー」により、ワインに豊かさと複雑性、エレガントな風味が加わっている。マロラクティック発酵は行わない。瓶内で数ヶ月熟成。ミネラルと青リンゴ、白い花の香りが特長。ミネラル感たっぷりの味わいで、程よい重みとバランスの良い酸味がある。


ペサス・ダ・ポルテーラ

613712

100%自社畑産の葡萄を使用。平均樹齢は50年以上。一番搾り果汁のみをステンレスタンクで醸造、フレンチオーク樽で6ヶ月「シュール・リー」を行う。ゴデージョ種の持つ豊富な果実味、ミネラル分に、程よい樽の風味とシュールリー独特の風味が加わった、上質な味わい。


ペドゥロウソス

613706

フィロキセラ禍直後の1885年に植えられた、樹齢100年超の樹から造られる貴重なワイン。年産500本程度の限定品。マグナムボトルのみ生産。青リンゴを思わせる完熟した果実香やミネラル香、樽香などが次々と現れる。ミネラル分豊かで、酸味は柔らかでまろやか。