ラインヘッセン アウスレーゼ

66308

充分に熟した房を選りすぐって造られた「アウスレーゼ」。アウスレーゼとしては破格。はっきりとした桃の香りと、レモンやミラベルなどを思わせる香り。コクがあり、柔らかな甘みが感じられる。凝縮した味わいで、ワインだけでも十分に楽しめる。


リースリング カビネット ハルプトロッケン ラインヘッセン

66303

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系果実の香り。ミネラル分を感じる柔らかい甘みとすっきりとした酸味を楽しめるやや辛口。


ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ

66300

「黒猫が座った樽のワインが最も出来が良い」という、ツェル村の伝説から誕生した「黒猫」という名のワイン。ドイツを代表する甘口白ワインのひとつ。リンゴやアカシアの花の香り。フレッシュな果実味、マイルドな甘さが特長。


リープフラウミルヒ

66301

「聖母の乳」という名の、ドイツを代表する甘口白ワインのひとつ。聖母教会で修道僧たちが造っていたワインを、リープフラウミルヒ(聖母の乳)と名付けたのが始まり。リンゴやハチミツの香り。フレッシュでフルーティーな果実味とマイルドな甘味が魅力。